2016/08/04

火曜日のひといき広場

ばったばったしていて、報告が遅くなってしまいました~

今週の火曜日は、ひといき広場の日でした。

朝から大雨だったり、曇っていたからプールは出さず・・・。
でも、じめっとして、暑くなってきて・・・
いつも来てくれる子どもたちが来てくれて。

長い竹を使って、水流し遊び。どろんこ遊び。おままごと。
土を掘ってできた道に水を流す子
どろんこ遊び1 8・2

それででき始めた泥水たまりにずぶずぶ入る子
どろんこ遊び2 8・2

ひたすら、流れてくる水をくんで、水を流す子
泥流し2 8・2 泥流し1 8・2 泥流し3 8・2

いったん遊びにはまったら、エンドレス。
真剣な顔で繰り返し、繰り返し水の流れるさまをじーーーーーーと見ながら遊んでいました。
いい顔だね。
開放されてキャーキャーと遊ぶ事もいいけれど、あっついのに、地味にひたすらに同じことを繰り返す遊びも
大切にしてあげたいなぁと思います。

暑いから、水をかぶっちゃえばいいのに。
どろんこに入って思い切り遊べばいいのに。
と大人は考えがちなのだけれど、これも、本人が真剣に遊んでること。
邪魔せずにとことんさせてあげたいなぁと思いました。

さて、そんなことをしている間に、Hちゃんのおなかすいたーーーの声!!
慌ててそうめんをたくさんゆでて・・・
今度は、本物の流しそうめん大会!!

流しそうめん4 8・2  流しそうめん1 8・2

初めての流しそうめん体験だけど、2歳だけど・・・
流れてくるそうめんを見る目はみな真剣!!
そうめんを食べながらも、次に流れてくるそうめんをとる!!
その真剣なまなざしに笑ってしまいました。

可愛いなぁ。愛しいねぇ。たまらない。

おなかがいっぱいになった来たら、小学生が少しずつ集まりだす。
1番初めにやってきたお姉さん。本が大好きな女の子。
小さな子に読み聞かせをやってみたいという想いがあるお姉さんでした。
奇跡的に?!2歳の子がお部屋に入りだした!!
そのタイミングを逃さず、お話会の始まり始まり・・・

読み聞かせ 8・2

子どもたちは、お姉さんの可愛い声と素敵な本の世界に引き込まれ、もう一回もう一回と4冊ほどの本を読んでもらっていました。

実は、この本たちは、絵本の世界を愛する素敵な方から頂いた大切な本たち。
童話館の選ばれた本。お子さんたちに読み伝えていってほしいとの想いでご寄付してくださいました。
絵本 8・3

これから、絵本の世界も子どもたちに伝えていけたらなと思っています。(寄付してくださる本と親子文庫仲間募集中!!)

さて、静かなひと時もあっという間。
だんだん小学生が来はじめて、第2弾!そうめん大会!!
小学生には高速流しそうめん(笑)

流しそうめん5 8・2 流しそうめん2 8・2  流しそうめん3 8・2

上流で堰き止める子。「ちょっと~!!」と怒りながらも大笑い。
時々流れてくるミカンやトマトやキュウリたちに「おお!!」と歓声が上がる。
あぁ、楽しいです。

そしたら、突然の大雨。喜んで雨の中ではしゃぐ子供たち。
慌てていろいろ屋根の下に入れるお母さんたち。
夏は、これだから最高です!!

実は、この日の朝に悲しい連絡があり、頭は真っ白。思考回路がしばらく停止。
でも、頼りになるスタッフさんやお母さんたち、息子たちに助けられ楽しい1日を終えることが出来ました。

息子たちが公園に運ぶ荷物を引き受けてくれたり。
あれやこれやと行き届かないところをみなさんが協力してくださっている。
赤ちゃんが泣いていたら抱っこしてくれるお母さんや着替えのお手伝いを一緒にしてくれたり。

そうめんゆでたり、流したり。
「やるよーー」「ありがとーーー」

美味しいおかずの差し入れも
差し入れ 8・2

「おいしいね」「レシピ教えて~」

そんなやり取りにどんなにか救われました。

一人ではないのだと孤独を感じたことはないのだけれど、改めて、みなさんの存在に感謝しました。

人は人の間で育っていくと何かの本で読んだことがあります。
本当にそうだと思います。

子どもたちもそんな私たちの関係もみていき育っていくのだと思います。

ひといき広場は、みんなでつくるひといき広場です。
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。










スポンサーサイト

コメント

非公開コメント