2015/10/28

出会いの1日(*^^*)

今日は、今月最後の広場の日(*^^*)
暖かい陽射しの中、ドングリを使ってのお砂遊びを満喫するあんよの上手なお友達。

20151027_3.jpg

お部屋の中では、最近歩けるようになったお友達と5カ月の赤ちゃん。
木のおもちゃを気に入り、転がしたり、中にポトンと入れたり出したり。
丸いものを気に入ってニギニギにっこり(*^^*)

20151027_1.jpg

20151027_2.jpg

赤ちゃんのママは、お母さん同士でのおしゃべりを楽しんで少し気持ちがリラックス出来たかな(*^^*)

お昼頃になると強い風が吹いてきたので、お部屋に入りお昼ごはん。
ごはんの時のあれこれを話して、ごはんの時にどうしてる?なんて話をしながら、みんなでごはん。

午後には、これから広場とコラボしたい方々が遊びに来てくださいました。
まず最初に来たくださったのは、前回のマルシェで出会ったハンドセラピーの近藤めぐみさん。何人かのお仲間と一緒に遊びに来てくれました。
その方達は、人の身体を見たり触れたりして内なる声が聴こえたりしちゃう人でした。
ひぇ〜(°_°)
占いとかコラボは無理かなぁと内心ハラハラしながら話を聞いていると…私や家などを見て、身辺で起きている事や悩んでいる事などを当てられ…^^;実は…なんて、いつの間にか育児相談。なるほど…と最後には心がパカーと開いちゃっていました。
ニーズがあれば、時々ハンドマッサージに来てくださるかもしれません。
興味のある方、お問い合わせください(*^^*)

そして、夕方は、5カ月の赤ちゃんと小学生が遊びにきて、赤ちゃんの隣で小学生は宿題^^;
赤ちゃんがうーうーと喃語を言う隣で算数などの宿題を賑やかにしている小学生。
こんなふうになっちゃうのね〜と赤ちゃんのママ。赤ちゃんもキョロキョロ見ながらご機嫌でした(*^^*)

そんな時に、またもやお客様。
相原冒険遊び場の西垣さんが来ました。
三つ目山の遊び場の偵察に来てくれました。いよいよ11月10日に1回目の冒険遊び場が三つ目山公園の雑木林で開催です!
是非、遊びに来てくださいね(*^^*)

20151027_4.jpg
(三つ目山公園で冒険あそび場をしてくださる西垣さん!笑顔がステキです!!)

少しずつ、小学生が集まりだし、7人で三つ目山公園へ遊びに行ったり、帰って来てトランプしたり…。
少しずつ、小学生の居場所にもなってきていて嬉しいです。
11月10日は、みんなで三つ目山公園の冒険遊び場へ行こう!

20151027_6.jpg
(外で遊んだ後は、お部屋でトランプ。みんだでやると楽しいね♪)

なんだか、長い1日でした…
疲れているよと私の身体が悲鳴をあげてるそうなので、只今、足湯中。
ポカポカしてきました。
たまには自分も癒さなきゃですね。

20151027_7.jpg
(足湯。自分にあまり使ってなかったな(^_^;)すごい温まる!広場にご用意しています。これ、みなさんもどーぞ(*^_^*))

沢山の出会いに感謝です。
これからも沢山の人と繋がって行こうと思っています。
遊びに来てくださいね(*^^*)
スポンサーサイト
2015/10/22

賑やかな一日(*^^*)

今日は、初のベビーマッサージの日でした(*^^*)
可愛い可愛い赤ちゃんが3組。和やかな雰囲気の中、ベビーマッサージが始まりました。
泣く子もなく、穏やかにゆったりとベビーマッサージ。お母さんも赤ちゃんも幸せなひとときとなりました。

 20151020_1.jpg

20151020_2.jpg  

その間、外では毎週来てくれる2歳のSちゃんと初めてましての1歳のHくんが来てくれて、のんびり砂遊びをして過ごしました。

20151020_3.jpg

20151020_4.jpg

ベビーマッサージが終わると、2歳のママさんも一緒に参加して、河野先生との育児相談会(*^^*)
お手伝いで来てくださった助産師さんもとても優しくて、育児についてのあれこれを皆さんでおしゃべり。

20151020_6.jpg

偶然、通りかかったメディカルトレーナーの及川先生も輪に入り、足育の視点からのお話も聞けて、とてもいい時間となりました。今日のお母さんは、本当にラッキ〜でした!

20151020_7.jpg

そんな中、私は仲良しになった可愛い可愛い2歳の子と公園へ。
長い長い葛の蔦を引っ張り、電車にしたり、追いかけっこしたり…
いっぱい走って、広場で待ってるお母さんへのお土産の木の実も沢山見つけて、帰宅。
「ただいま〜!おなかすいた〜」を合図に育児相談会も終了し、午後の部へ…(*^^*)

20151020_5.jpg

午後は、一歳の元気な男の子や5か月の赤ちゃん。保育園から帰ってきた5歳のお姉さん、3人の小学生。
異年齢で関わりを持って楽しくのんびり過ごせました。

お菓子作りの得意なお母さんの手作り蒸しケーキや差し入れのリンゴでおやつにして、またまたおしゃべり。
その年齢ならではの悩みを話し合い、ああ、今だけなのかなとホッとしたり、頑張ろうと思えたり。
こんなたわいのない会話だけれど、すごく元気になれるのだよな。

20151020_8.jpg

出来れば、こんな風に子どもがゆるりと居られて、お母さんもゆったりとした気分でおしゃべりできる居場所でありたい。

お母さんの笑顔とお子さんの笑顔。
笑顔で帰られるお客さんをみて、私達スタッフは元気になります。
またきてね。

20151020_10.jpg

今日は、本当に賑やかな一日となりました(*^^*)ありがとうございました。

2015/10/07

ひといき広場、初日終了しました(*^^*)

とってもいい天気の気持ちの良い日

砂場を求めて来たお友達。
孫を預かっていて居場所を求めてきたおばあちゃん。
ひといき広場ってどんなとこかなと来たお友達。
そんなお友達が午前中に集まりました。
偶然、2歳のお子さんと二人目を妊娠中のお母さんがお二人。プレ保育の事や二人目を産む時のあれこれ…お母さん達も素敵な出会いとなりました。

20151006_1.jpg

そんな中、子ども達は遊びに夢中。
どんぐりを使いながら水や土でおままごと。
最初は、汚れを気にしていたのに、夢中になるとそれも気にならず、真剣に遊ぶ姿が最高に可愛かった!
お昼ごはんがなかったので、嫌々ながら帰って行きました。
今度はお弁当持っておいでね(*^^*)

20151006_3.jpg

20151006_2.jpg

午後は、近隣のお友達と学童の子ども達で賑わいました。
保育園や幼稚園から帰宅した子と混じって学童の子どもが泥んこあそび(笑)
しっかり、宿題を終えさせてから遊びました。
午前とは遊びが大胆になり、裸足になって、異年齢の子ども達で楽しんでいました。
工作コーナーでは、ママへのプレゼントを作る子。ちょうど良い棒があったので壁掛けのようにしてみたら、大喜び。みんなで争うように書いていました。

20151006_6.jpg 20151006_5.jpg
20151006_7.jpg
20151006_8.jpg 

1日通して賑やかな広場になりました。
また来週もお待ちしています(*^^*)
来週は、尾根緑道を散歩します。

2013/11/23

親子で遊ぼう♪ わらべうた  わらべ歌大好きお兄ちゃんと赤ちゃん連れのママ参加

11月16日 午前中 わらべうたに参加してくれたのは お隣の町 南大沢からやってきたママ。
2歳のお兄ちゃんと10カ月の赤ちゃんの子育て奮戦中のママでした。川崎からの転居○○ヵ月。子供がわらべ歌だいすき!ハマったのでどこかにないかなあ・・・とみつけてやってきました。歌いだすと遊びだすとのりのりの赤ちゃんとお兄ちゃん。教えてくださる森さんも楽しくなって、予定にないわらべ歌もたくさん歌い みんなでたのしみました。

パパがお仕事で不在のママもやってきて、わらべ歌に参加。わらべ歌後も 話題がはずみ、すぐに友達になったママたち。話題は保育園情報交換。 隣の街だけど切実ないつ保育園を利用したいか? 交換し合っていましたよ。
2013/11/08

読売新聞多摩版 11月8日 掲載記事 広場復活に企業行政市民の協働を!


9月21日にひといき広場が閉鎖する集いが開かれた。幼稚園保育園の年長・年中年少さんとそのママたち、兄弟姉妹の3人家族が多い。この3年半家庭で子育てしているママたちが、集って自分たちの居場所として広場を第2の我が家、縁側にして交流をひろげてきた。
 あるいて行けるところ、ベビーカーで遊びにいける、ほっとひといきつけて、子育てと地域の情報を得て、多摩境の街で子育てをしようとするママたちの居場所がどれだけ必要か?イベントだけでなくフラッとよって絵本やおもちゃで遊ばせながら、自分もティ-タイムがとれて、大人との会話が楽しめて、○○ちゃんのママだけでなく、私に戻っておしゃべりし、大人の会話を交わして、ほっとする場所があれば社会とのつながりがうまれ、孤育てではなく、共育ての仲間がうまれる。
 朝早く出勤して行くパパたちが夜遅く多摩境の駅に降り立っても、無口な早足で通りすぎる無味乾燥な多摩境の駅地下の光景。この街で妻子を住まわせ、高い税金を払い、この街から、町田市からの有形無形の還元はあるのだろうか? 数年暮らして暮らしにくいとなれば、さっさと他所に引っ越そうと考えてしまいそうな 多摩境の駅前の表情だ。
 そんな多摩境の街で、妻が子供が生き生きと暮らし子育て仲間ができて、ママたちから子どもたちの成長とママ友と多摩境の街の情報を得て行ったならば、この街を子どもたちのふるさととして、パパママたちの暮らしよい街づくりに興味を持って眺めるようになるのではないかしら?
 安心安全な子どもの居場所 ママたちの居場所 障害者や高齢者の居場所に、キーステーションになれるよう、多摩境の住民の皆様の叡智を ひといき広場は求めています。是非維持のために 維持会員 維持金のご寄付を募っています。

    郵便振り込み  0130-5-259876 保育園種まく人多摩ニュータウン街づくり
             通信欄に ひといき広場 維持会費 寄付 ご記入くださいませ。



多くの皆様の口から口に広がって ひといき広場が 維持され、 町田市の子育て支援政策のなかで地域の子育て広場の必要性を認識してもらい、反映していただきたいと願います。